移動: 案内, 検索

iWD Web のヘルプ


iWD Web を使用すると、サードパーティのソース システムから作業項目が入っているスプレッドシート (XLS、XLSX、CSV 形式) を最小の構成で IWD にアップロードできます。

自動アップロードの場合は、iWD Web からアクセスできる安全な場所/フォルダーにソース システムがタスク/作業項目をエクスポートします。iWD Web はこの場所に新しいファイルがあるか確認し、ファイル形式を調べた後に個々のタスクを iWD / Interaction Server にインポートして Global Task List に挿入します。

手動アップロードの場合は、ユーザーがダウンロード可能なテンプレートを使用してスプレッドシートを作成し、そこに作業項目を設定してから iWD / Interaction Server にアップロードして Global Task List に挿入できます。

ユーザーは自動アップロードと手動アップロードのどちらでもアップロードの進行状況と完了をモニタリングできます。

iWD Web の構成方法は、『iWD 9.0 Deployment Guide』を参照してください。

iWD Web の機能

このページの最終更新日時は 2019年2月13日 (水) 08:07 です。

Feedback

Comment on this article:

blog comments powered by Disqus