移動先: 案内, 検索

フィルター

フィルターを使用して GTL のタスク リストの表示を絞り込むことができます。一連のフィルター条件 (オプション) とともに、GTL に表示するテーブルの列のリスト (フィルター列) を指定することで各フィルターを設定します。次の例は、Archived フィルターのフィルター条件と表示列を示しています。

Filters.png

事前設定フィルター

1

iWD Manager で事前に設定されているフィルターが一番左のパネルに示されます。現在選択しているフィルターが名前で示されます。

[公開] チェックボックスは、当該フィルターを全ユーザーが利用できるのか (オン)、現在のユーザーのみが利用できるのか (オフ) を示します。

新規のフィルターを作成する

1

作成したフィルターは、保存すると事前設定フィルターとして直ちに利用できるようになります。新規のフィルターを作成するには:

  1. ウィンドウ右上の AddNew.png をクリックします。
  2. [公開] チェックボックスをオンにして新規フィルターを全ユーザーが利用できるようにします。これがオフのとき新規のフィルターは現在のユーザーにしか見えません。
  3. [フィルター条件] パネルの AddNew.png をクリックし、新規のフィルターに使用できる条件のポップアップ リストから条件を選択します。このリストで OR 演算子は明示的に選択する必要があります。—OR を選択しないと、デフォルトで AND 演算子を選択したものと仮定されます。
  4. 選択した条件を必要に応じて修正し、変更を適用します。
  5. フィルターに必要なだけ条件を追加し、変更を適用します。
重要
DragDrop.png ボタンを使用して条件を新しい位置にドラッグ アンド ドロップすることもできます。選択した条件の右側の FilterCriteriaDelete.png ボタンを使用して必要に応じて条件を削除します。
  1. [フィルター列] パネルを見ると、現在選択されているテーブルの列が (もしあれば) 表示されています。テーブルの列を新たに追加してフィルター出力に表示するには SelectColumns.png をクリックします。利用可能な列のリスト (デフォルトですべての iWD コア属性と拡張属性を含む) が表示されます—ここから列を選択して新規のフィルターに追加できます。各チェックボックスを必要に応じてオンにします。
  2. 関連する DragDrop.png ボタンを選択して列を新しい位置にドラッグ アンド ドロップします。FilterCriteriaDelete.png ボタンで列を必要に応じて削除します。
  3. ウィンドウ右上の [保存] をクリックします。新規に作成したフィルターが GTL のメイン ウィンドウで利用できるようになります。
フィルターを選択すると、そのフィルターの条件に一致しないタスクは GTL 上に表示されなくなります。新しい条件を追加したい場合は、[フィルター条件] リストで条件を選択して追加します。一部にパラメーター付きの条件があります。その場合は、別のポップアップ ウィンドウでパラメーターを構成します ([ステータスは...] 条件でステータスを指定するなど)。多くのフィルター条件では所定の構成に応じてカスタム属性を使用できます。タスクで使用するカスタム属性は iWD Plug-in for GAX コンポーネント内で構成されます。iWD Plug-in for GAX のヘルプの「Data Mart」セクションの「タスク属性」タブを参照してください。

フィルターでのタイムゾーンの使い方

カスタム フィルターの日付は、所定の日付の深夜から開始して翌日の深夜まで続く終端を含まない半開範囲の時間間隔であると解釈されます。深夜とは現在のユーザーのタイムゾーンにおける時刻 00:00:00 を意味します。ユーザーのタイムゾーンが設定されていなければ現在のソリューションのタイムゾーンが使われます。これも見つからない場合は、万国標準時 (UTC) が仮定されます。夏時間の規則も考慮されます。

永続的なフィルターの場合はフィルターを定義したユーザーのタイムゾーンが時間間隔の計算に用いられます。タイムゾーンが構成されていない場合、UTC が仮定されます (フィルターはソリューションに依存しない)。

  • ユーザーのタイムゾーンをワルシャワ (GMT+1)(+DST) とします。
  • ユーザーが [有効期限] にフィルターを設定して期限を 2016-10-26 とします。
  • [有効期限の時刻] 2016-10-26 00:00:00 CEST (端を含む) から 2016-10-27 00:00:00 CET (端を含まない) までのタスクが GTL で表示されるようになります。
  • タイムゾーンを UTC に変更すると、範囲は 2016-10-25 22:00:002016-10-26 23:00:00 になります。夏時間の調整により、この時間間隔は 25 時間になります。
このページの最終更新日時は 2019年2月13日 (水) 15:07 です。

Feedback

Comment on this article:

blog comments powered by Disqus